吉海 直人

よしかい・なおと

・同志社女子大学教授
・新島八重研究の第一人者
・同志社女子大学「新島八重研究会」座長

無料問い合わせ

吉海 直人

プロフィール

1953年、長崎県生まれ。國學院大學大学院修了。博士(文学)。
現在、同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科教授。
専門は平安時代の物語文学・和歌文学。
主に源氏物語と百人一首の研究を行っている。
また、同志社創設者新島襄の妻「新島八重」研究会の座長を務める。
著書に『新島八重 愛と闘いの生涯』
『百人一首で読み解く平安時代』(角川選書)などがある。

無料問い合わせ

主な講演テーマ

●現代に活きる「新島八重の生き方」
●新島八重に学ぶ、現代を生き抜くヒント
●時代を駆ける新島八重の生涯  など

福島県の会津藩士の娘として生まれ、
幕末から昭和まで激動の時代を生きた新島八重。
その人生は驚くほど行動的で創造的で、愛にあふれていました。

講演では、新島八重研究の第一人者である吉海先生が、
自身が発見した新史料や豊富な資料をもとに
ほどんと知られることのなかった新島八重の生涯を語ります。

信念を貫き、可能性に挑み続けた新島八重の生き方を通して
現代を生き抜くヒントについて考えます。

NHK大河ドラマ「八重の桜」ファンの方をはじめ、
幅広い年齢層の方に満足いただける内容です。

講演料

要相談

無料問い合わせ

  • 近藤誠 講演依頼
  • 楓友子 講演依頼.net



  • 竹中平蔵 講演依頼
  • 勝谷誠彦 講演依頼.net
  • 安藤美冬 講演依頼.net
  • ケビン・メア 講演依頼.net